病院薬剤師としての働き方

1つだけじゃない?病院薬剤師としての働き方と、その選び方をご紹介

病院薬剤師として働きたいと考えている薬剤師の方もいらっしゃるでしょう。一口に病院薬剤師と言ってもいくつかの働き方があります。病院によって募集している職種も異なりますし、病院自体の仕組みも異なる為、どこで働くか決める際には事前にどういった働き方が出来るか知っておくといいでしょう。ここでは職場の選び方についてご紹介します。

 

病院薬剤師 転職

 

1つの働き方として、外来や入院患者に対して調剤業務を行なうということがあります。特に外来に関しては、一般的な調剤薬局とは大きく異なりません。入院患者に対しては大きな違いが見られます。まずチーム医療であるということ。一人一人の患者さんに対して、医師や看護師、薬剤師などがチームとなってサービスを提供します。チームであることからコミュニケーション能力が必要になりますし、患者さんに対しても長期のアプローチを行ないます。服薬指導や副作用の確認などを行い、場合によっては薬を飲みやすいように粉砕することもあります。無事退院出来たときなど大きなやりがいが感じられますが、夜勤があるなど不規則な生活になることも考慮しなければなりません。

 

もう1つは救急病院です。最近、救急現場で薬剤師の必要性が認められ始めています。事実、2011年には始めて救急認定薬剤師の資格を持った薬剤師が排出されるなど、様々な環境が構築されています。救急においてこそ、たくさんの医薬品が使われます。その際に、医師だけに頼るのではなく、薬のプロフェッショナルである薬剤師の存在も重要になってきているのです。こちらも同様に夜勤があることを押さえておく必要があるでしょう。

 

このように病院薬剤師1つ見ても、様々な働き方があります。選び方としては、どういった点を重要視するかでしょう。いずれも専門性の高い仕事になりますが、生活リズムが乱れることは覚悟しなければなりません。選ぶのに迷った場合は、求人コンサルタントに相談してもいいでしょう。今までの経験から適切なアドバイスがもらえるはずです。